タダスケのIT備忘録

IT系の個人的備忘録。法律事務所勤務。

xfreeにPHPアプリをアップしたときの備忘

はまったところなど

.htaccessがなくて少し詰まった

smartyを入れた

flightは,簡易なテンプレートしかないように見える

smartyだと,テンプレートの方でクエリしたデータをforeachのような回し方ができる,のでとても楽

パラメータを,格好良くスラッシュ区切りで受け渡ししようと思って変更した

thread/@id/@threadId

そうしたら,テンプレートからのaタグによる遷移が変わるところではまった

スラッシュが入るごとに階層が深くなる扱いになるらしい

<a href="../../title">title</a>のような書き方をしないと遷移できない

合わせて,style.cssへのリンクの深さも,個々のテンプレートごとに変わってくる

cssは,ヘッダーのstyleタグに書くか,絶対パスで指定する方法を考えた

今回は後者にした

xfreeへのアップ

.gitは削除する

templates_cの中のファイルも,削除しないとエラーになることがある

パーミッションを変更する

パーミッションは,web ftpか(フォルダのアイコンをクリックするとその中に入れる)ftpソフトで変更できる

chmod 777 (アプリフォルダそのもの)

chmod 757 templates_c

chmod 777 sqlite.db